キリングバイツ

『キリングバイツ』レジェンドとルーキーの戦いが激化!【10巻 ネタバレ】

キリングバイツも10巻です。

獣獄祭は変態との対決を乗り越えた純が「虎(ティガ)」と対決!「守宮(ゲッコー)」と戦うハイジに「 狩猟豹(チータ) 」と戦う佑のそれぞれが勝利に向かって戦います!

「獣獄祭(デスティバル)」で純、佑、ハイジの新人達が対したのは、かつて「獣獄刹(デストロイヤル)」を戦い抜いた強豪獣闘士達!!

底知れぬベテランの強さを前に、退く事なく挑む三人だが…。無謀とも言える、早過ぎる挑戦の結末は!?

キリングバイツ10巻より

『キリングバイツ』10巻 ネタバレ感想

ベテランとルーキーの戦いは実力差を見せつけていくのに立ち向かうのが萌えますね。

バトルマンガはピンチからの逆転がないとやはり面白くない!

そんなバトルで異彩を放つのが凡崎萌!

ダメージを受けても気持ちいいというドMっぷりです

キリングバイツ11巻61ページ  村田真哉/隅田かずあさ

「鬣狗(ハイエナ)」 の灰渕も変態といわれていますが、萌もかなりキテいます!

また、名勝負が「守宮」を倒したハイジの「山羊攪拌撃(アイベックスミキサー)」です。

山羊って草食だし弱いという印象が強いですが、アイベックスはデカいツノもあって強い!そして、かっこいい!

「守宮」も分子間吸着をうまく扱った投げ技を得意とするタイプでしたし、能力をいかに使うかが面白いマンガですね。

「狩猟豹」と佑の戦いですが、「守宮」が負けたことで敗退が決まり、決勝戦での戦いを誓います。

でもね、一部の戦いは負けているよ、エルザ……

キリングバイツ10巻156ページ  村田真哉/隅田かずあさ

『キリングバイツ』10巻 考察

純と「虎」の戦いですが、一方的に負けて終わるというさんざんなものでした。

戦いに関して、未熟さが非常にでていますが王者への片りんを「虎」が認めるところはいいですね。

しかし、ぬぬーぴという存在が純を語る上では切り離せない存在です。

死んだはずのものと会話をする純の力も実はとんでもない何かがあるようにも思えます。

最後に

やられた純を救う謎の影はだれなのか……。

野本裕也がどうかかわっていくのか期待が高まりますね!

キリングバイツのネタバレ記事一覧はこちら

キリングバイツを無料で読みたいなら!

ABOUT ME
しんちゃん
しんちゃん
猫耳少女大好きなケモナーです。ゲームよりかは漫画派。亜人も許容範囲。普通に動物園や水族館も好き。 ブログを1年続けて成長させて月1万PVを稼いで収益化に成功。サーバー代くらいは稼いでいるので、並列展開中。 猫飼ってます。
にほんブログ村に参加中

日本ブログ村のランキングに参加中です。
面白い、ためになったと思ったらクリックお願いします。

にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村

関連記事