デジタルカードゲーム(DCG)

【2020年2月版】デジタルカードゲーム(DCG)アプリ売り上げランキング

Twitterで流れてきていた記事をシェアしなおしましたが、デジタルカードゲームのアプリ売り上げランキングが発表されました。

ハースストーンに関してすごく低いのでおそらく国内のみの売り上げではないかと。

しかし、2カ月で数億円入っているタイトルものあるのがすごいですね。

改めて順位の一覧と感想をつけていきますね。

デジタルカードゲームアプリ売り上げランキング

1位:デュエルマスターズプレイス 5.43億円

公式Twitterはこちら

デュエマの略称でおなじみのカードゲームで、2020年1月からリリースしたにも関わらずもう1位を獲得しているというデジタルカードゲーム界の風雲児!

すでにTCGとしての土台の強さがあるが故ではありますが、遊戯王より上というのはやはりすごいです。

2位:遊戯王 デュエルリンクス 4.41億円

公式Twitterはこちら

国産TCG及びDCGをけん引してきたタイトルですね。

スマホ版の初期を遊んだことはありますが対戦がなかなかできなかったりと問題点が多かったのですが、改善されたようですね。

ユーザー数の多さとタイトルの魅力でがっつりユーザーをつかんでいるようです。

3位:シャドゥバース 3.21億円

※赤字を除いた金額でランク表示をし直しています。

公式Twitter

新カードをどんどんと増やして賞金大会も積極的に行っているシャドウバースは3位です。

色々とカードバランス問題でいわれながらも、プレイ人口の多さと売り上げは伊達じゃない!

ついていけなくなって離れたユーザーも多いタイトルですが、今後の展開は目が離せません。

4位:ドラゴンクエストライバルズ 1.80億円

公式Twitter

横向きの対戦型DCGという珍しいスタイルのゲームです。

強力なIPでもありますドラゴンクエストの魅力を余すことなく詰め込まれています。

同様のシステムのFFバージョンもでていますが、ブラウザゲームなのでアプリであるライバルズのほうがまだ売り上げは強いですね。

5位:ゼノンザード 1,946万円

公式Twitter

サイト主のしんちゃんも遊んでいますゼノンザードが5位ですが、圧倒的な4位との差!

DCG界隈の一つの壁を感じますね。

AIとともにデッキ構築やプレイアドバイスをもらいながら遊べるので、DCGってどういうのかな?と思う人には向いているタイトルです。

対戦相手は相手のAIですので、迷惑プレイがないのもストレスなく遊べるポイントです。

詳しくはこちらから

さいごに

DCGといえば最近面白いのがありまして、仮想通貨を使ったレアカードの価値が守られるという変わったゲームです。

軽く遊んだ感じはシャドウバースやハースストーンに近いゲーム性なので、入りやすかったですね。

ゲームバランスのかなめであるレアカードが本当に世界に数枚しかないというブロックチェーンの仕組みは面白い試みです。

詳しく遊んでみて引き続き情報提供していきますね!

それでは、良きゲームライフを!

無料で課金する裏技

ABOUT ME
しんちゃん
しんちゃん
猫耳少女大好きなケモナーです。ゲームよりかは漫画派。亜人も許容範囲。普通に動物園や水族館も好き。 ブログを1年続けて成長させて月1万PVを稼いで収益化に成功。サーバー代くらいは稼いでいるので、並列展開中。 猫飼ってます。
関連記事